男性看護師を重視

認定看護師の中には、認定看護師もいます。
日本精神科看護技術協会によると、
精神科看護とは、1精神科看護の対象。2個人の尊厳と権利擁護。3自律性の回復とその人らしい生活を基にして、精神的健康について援助を必要としている人々に対し、個人の尊厳と権利擁護を基本理念として、専門的知識と技術を用い、自律性の回復を通して、その人らしい生活ができるよう支援することである。
と、定義されています。

精神的健康とは、精神疾患が原因のものだけでなく、生きるための多くの問題点が含まれているものです。
昨今の社会では、個々で心の健康を保つための志向も進んできていますので、精神科看護師は、疾病の予防や治療だけでなく、心の健康の保持や増進に活動が求められます。合わせて、個人の尊厳と権利の養護という点では、日本の憲法で、生命・自由・幸福が定められていますので、守らなければならない普遍的なところです。

自律性の回復とは、思考・判断・行動することを通して、自身のより良い生き方を見出すことを指しているものなので、個別性の尊重も重視されています。
社会構造の変化のなかで、うつ病の患者が増加しつつあり、精神科看護師の需要は高まっていて、精神科の病院の新設も増えているため、精神科志望の看護師も増加の傾向です。精神科では女性だけでなく、男性の看護師も優遇されています。

精神科の勤務体制は、急性期の病院などに比べると、年間休暇も多く、年収の点でも高い傾向があります。入院機能を備え、急性期から慢性期までを行う病院も多いのですが、他方では、クリニックなどに併設されたデイケアなども増えてきていますので、精神科認定看護師を志望する人には、レベルアップを望んでいる人にも、プライベートの充実を重視している人にも対応できる場でもあります。

病院によっては、精神科看護を充実させる計画のところもあります。それらの中には、経験者の増員のみを考えているところと、未経験者にも教育体制を整えている病院もありますので、それぞれの志望に合わせての進路計画をお勧めします。常勤か非常勤か、給料の点など迷ている人は、経験豊富なサイトのコンサルタントに相談することも、一つの方法として必要なことでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です